介護保険をご利用の方へ

アズメディックへようこそ
介護用品トップ  ご利用案内 お支払・送料 買い物かごの中 お問い合わせ 有料老人ホームのご案内 会社概要
  介護用品 販売 
ベッド関連用品
車いす用品
歩行・移乗用品
トイレ・おむつ用品
入浴用品
住宅改修用品
健康生活用品
施設関連用品 
介護用品 レンタル
ベッド・車いす用品レンタル
レンタルのお申し込み
買い物かごの中
ベッドの選び方
車いすの選び方
その他の選び方
  介護用品トップ > 介護保険をご利用の方へ


             【 介護保険を利用して商品を購入される方へ 】
 特定福祉用具、特定介護予防福祉用具の種類
   ご利用者の状況により年間10万円を上限として購入費用の9割が支給(還付)されます。


  @腰掛け便座・・・次のいずれかに該当するものに限る。
   1.和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの
   2.洋式便器の上に置いて高さを補うもの
   3.電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
   4.便座、バケツ等からなり、移動可動である便器(居室において利用可能であるものに
                                                     限る)
          具体例:ポータブルトイレ、簡易洋式トイレなど



  A特殊尿器・・・   具体例:電動安楽尿器など


  B入浴補助用具
   1.入浴用いす・・・座面の高さが概ね35cm以上のもの、又はリクライニング機能を有す
               るもの。
   2.浴槽用手すり・・・浴槽の縁を挟み込んで固定することができるもの。
   3.浴槽内いす・・・浴槽内に置いて利用することができるもの。
   4.入浴台・・・浴槽の縁にかけて浴槽への出入りを容易にすることができるもの。
   5.浴室内すのこ
   6.浴槽内すのこ
           具体例:シャワアーチェアー、簡易手すりなど


  
C簡易浴槽      具体例:移動式家庭用浴槽(プールタイプ)など


  
D移動用リフトのつり具の部分  具体例:スリングシートなど

  ●特定福祉用具販売」・「特定介護予防福祉用具販売」の指定を受け
   ている事業者から購入して下さい。
(2006年4月1日より指定事業者制スタート)

  アズメディックは特定福祉用具販売事業所・特定介護予防福祉用具販売事業所の指定を
  受けております。ご安心してご購入できます。
  ただし、市町村によっては地元事業所以外からの購入は介護保険対象としないというと
  ころもあります。
     ※介護保険を利用して特定福祉用具・特定介護予防福祉用具を購入される際は、
      
必ず事前に市町村またはケアマネージャーにご確認下さい。

   また、ご購入後に、介護保険を利用できなかった場合の責任は、弊社では負いかねま
   すのでくれぐれもご注意下さい。

    ※詳しくは、お住まいの市町村へお問い合わせ下さい。 


  ●購入費用及び申請について
   要介護(支援)認定をされている方が、介護保険を利用して特定福祉用具・特定介護予
  防福祉用具を購入されると、実質的には1割負担で購入することができます。
  市区町村に申請し、支払った費用の9割が介護保険よりご本人の口座に後日支払われ
  ます。
  特定福祉用具購入費の助成金の支給限度基準額は1年間(各年4月1日〜3月31日まで)
  で、10万円までです。

   ※助成金は、購入額の9割なので、最大9万円(支給限度基準額10万円の9割)が
  上限となります。

  なお、支給は同一種目につき1回に限られています。


 
  <介護保険を利用する場合の流れ>
  @特定福祉用具・特定介護予防福祉用具をネットで購入する場合、地元でない事業者
   でも介護保険を利用できるかを、お住まいの市区町村に確認する。

  A介護保険を利用できる場合、福祉用具購入支給申請書を市区町村役場にてもらう。

  B特定福祉用具・特定介護予防福祉用具を購入する代金を支払う。事業者から購入し
    た商品の領収書とカタログを送付してもらう。

  CAの福祉用具購入支給申請書を記入し、その商品の領収書とカタログを一緒に役所
    に提出する。

  D2〜3か月後に福祉用具購入支給申請書に記入した口座に商品の9割が振り込まれる。
  ※書類の申請についてご不明な点はご利用者様の担当ケアマネージャーさんに
    ご相談下さい。








              【介護保険を利用して住宅改修をされる方へ】
  ●住宅改修を行うにあたり介護保険を利用される際には、市町村へ
   事前に申請して頂く必要があります。
   ※詳しくは、お住まいの市町村へお問い合わせ下さい。


 要介護度に関わらず1件につき20万円を上限として改修費用の9割が支給(還付)されます。 

  <対象>
   @手すりの取付
   A段差の解消
   B滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更
   C引き戸等への扉の取替え
   D洋式便器等への便器の取替え
   Eその他住宅改修告示第1号から第5号までに掲げる



  ●住宅改修に付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ以下のものが
    考えられる。
   1.手すりの取り付け
     手すりの取付のための壁の下地補強
   2.段差の解消
     浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
   3.床または通路面の材料の変更
     床材の変更のための下地の補修または通路面の材料の変更のための路盤
     の整備
   4.扉の取替え
     扉の取替えに伴う壁または柱の改修工事
   5.便器の取替え
     便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化または簡易水洗化にかかるもの
     を除く)、便器の取替えに伴う床材の変更

     

 このページのトップへ