車椅子用品の販売と通販

アズメディックへようこそ
介護用品トップ  ご利用案内 お支払・送料 買い物かごの中 お問い合わせ 有料老人ホームのご案内 会社概要
  介護用品 販売 
ベッド関連用品
車椅子用品
 |- 自走用車椅子
 |- 介助用車椅子
 |- 車椅子用クッション
 |- その他関連用品
歩行・移乗用品
トイレ・おむつ用品
入浴用品
住宅改修用品
健康生活用品
施設関連用品 
介護用品 レンタル
ベッド・車いす用品レンタル
レンタルのお申し込み
買い物かごの中
ベッドの選び方
車いすの選び方
その他の選び方
  介護用品トップ > 車椅子用品


               車椅子用品
自走用車椅子  介助用車椅子  車椅子用クッション  その他関連用品 

  自走用車椅子

介助用車椅子

車いす用クッション

   

その他関連用品






 車いすの選び方
@車椅子の操作について
ご自身で操作して
移動できる
自走型(介助型としても使用できます) 
ご自身では操作できない  介助型(乗られた方が手で漕ぐことはできません) 
     

A車椅子のサイズについて
  少しでも小さな力で 移動したい 重量が軽いもの(*必ずしも軽い=操作しやすい
                    ではありません)
  屋内でのご使用、狭い所を通りたい 全幅(車いす自体の幅)が小さいものをお選び
                        下さい
  小柄である
 (または大柄である)
座幅(一般的なサイズは40cm、広すぎても体が
                     傾き危険です)
  足で漕ぐことが多い、自分で乗り降りしたい 前座高(座面の高さ)が低いものをお選び下さい
  車に載せて移動する、
収納場所が狭い
折りたたみ幅が小さいもの、背折れ機能付きの車いすをお選び下さい


B特別な機能について
  坂道でも安全に操作
(介助)したい
介助ブレーキ付き
  ベッドなど横への乗り降りがしやすい   肘掛け跳ね上げ他(肘掛けを跳ね上げて横から乗り降りできる) 
  乗り降りのしやすいものがよい   スイングアウト(足置きが左右に広がる)機能付き
  乗り降りのしやすさや乗車安定性を求めて   ティルト(前傾や後傾に座面の角度が調整できるタイプ) 
  乗られる方の状態に合わせて座位姿勢を リクライニング(背もたれ角度が調整できるタイプ) 
  長時間乗られる方や、座位保持が困難な方   モジュール(座面の高さや座幅を調整できるタイプ) 
C身体寸法と車椅子寸法の合わせ方
 

    < 車いす選びのポイント >

ご自分の体格にあったサイズで、きちんとした姿勢でしっかりすわれること。
これが、車いすに求められる条件です。不自然な姿勢で座っていると、ベッドから離れる時間や、本来は、楽しみになるはずの外出の時間が、逃げ場のない苦痛に耐える時間になってしまいます。
良い車いすとは、この条件を満たしつつ、安全かつ快適に移動できる機能を有するものです。
図を参考に、きちんと座れる車いすをお選び下さい。 
  
身体寸法と車いす寸法の合わせ方の目安 
 シート幅 @座位臀幅に0〜3cmを足します。
 シート奥行き A座底長から5〜7cmを引きます。
 アームサポート高 B座位肘頭高に1〜2cmを足します(必要に応じてクッショ 
  ンの厚さを加えます)。
 フィット・レッグサポ
       ート長
C座位下腿長(必要に応じてクッションの厚さを引きます)に
  合わせます。
 バックサポート高 D座位腋下高から7〜10cm引きます( 必要に応じてクッシ
  ョンの厚さを加えます)。
  シート高 C座位下腿長に2〜5cm足します(必要に応じてクッション 
  の厚さを引きます)。
 手押しハンドル高   介護者のへそ〜股間節の高さに合わせます。
 このページのトップへ